女性ホルモンと男性ホルモンの違いとは?

女性ホルモンについて、おおまかに説明させていただきましたが、どうでしたでしょうか?

女性ホルモンとは?

 

ここで、ひとつ疑問に思いませんか?

 

女性ホルモンについて少しは知れたからいいけど、そういえば男性はどうなのかしら?

 

そもそも、女性ホルモンだけこんなに知名度はあるけど、
男性ホルモンについてはあまり聞いたこともないし、
もしかして男性ホルモンなんていうものは実はただ単に女性ホルモンに連ねて聞いたことがあるだけで、
実際はないのかしら・・・。

 

 

こういう疑問を持つ方もいらっしゃいますよね!
ですから今回は男性ホルモンについても述べたいと思います。

 

そして、女性ホルモンとの違いもせっかくなので、ここで明確にしておきましょう☆

男性ホルモンは3種類あります!

まずはじめに。男性ホルモン、きちんとあります!笑

 

そして、男性ホルモンは3種類あるといわれており、
それを総してアンドロゲンといわれているのです。

 

テストステロン

アンドロステネジオン

デヒドロエピアンドロステロン

この3つが男性ホルモン(アンドロゲン)です。

 

この中でも分泌が多く、作用が強いのがテストステロンだそうですよ!

 

さてさて、ざっくり説明したところで、女性ホルモンとどこが違うのか、比較にいきましょう。

女性ホルモンと男性ホルモン比較

まず、作られてる場所が違います!!
女性ホルモンが作られている場所は、卵巣ですが、
男性ホルモンが作られているところは副腎・睾丸です。

 

それでは、働き方もどうなのでしょうか・・・?

 

女性ホルモン

女性特有の、丸みをおびたカラダのラインを作り上げる。
生理・妊娠のコントロール
肌や髪の毛を美しく保ってくれる
骨を丈夫にしてくれる
記憶力を保ってくれる
食欲抑制
自律神経の安定

 

男性ホルモン

性欲を高める
体毛の発達
皮脂の分泌
たんぱく質という成分を筋肉などに変える
男性特有の、筋肉質なカラダのラインを作り上げる。

 

・・・いかがでしょうか?

 

女性ホルモン→より女性らしく。
男性ホルモン→より男性らしく。

 

そういうイメージがついたような気がしますよね。

 

しかし、この考えから女性ホルモンは女性にしかないもので、男性ホルモンは女性にはない!
そう考えがちですが、実は女性も男性ホルモンがあり、男性も女性ホルモンがあります

女性にも男性ホルモンはあるの?

女性ホルモン男性ホルモンと言う名称から
女性ホルモンは女性にしかないもので、男性ホルモンは女性にはない!

 

そう考えがちですが、実は女性も男性ホルモンがあり、男性も女性ホルモンがあります

 

 

女性は、男性ホルモンは卵巣でつくられています。

 

しかも、女性の体内の男性ホルモンは女性ホルモンの量に比べて10倍以上も多いとか。

 

では、男性は、女性ホルモンはどこにつくられているのか。

 

実は、コレステロールから弱男性ホルモンと呼ばれるものが作られて
男性ホルモンから女性ホルモンがつくられるとのこと。

 

しかし、男性の女性ホルモンは、女性に比べておよそ半分程度しかないんだとか。

 

女性ホルモンと男性ホルモン、詳しく見てみると、全然中身が違いますよね。
それでいてなおかつ、女性にも男性ホルモンが、男性にも女性ホルモンがあるとは・・・!
意外ですよねヽ(・∀・)